アルバ・セミプレナ

 

 

ずっとずっと以前から美しいと思って 

気になっていた薔薇。「アルバ・セミプレナ」

 

 

f:id:shellbody:20161206103439p:plain

鉢植えには向かないと思って 避けてきたのでした。

それでもほかの 鉢植えに向くとは思えない樹高の一季咲きの薔薇を

いくつも注文して植えている不可解なわたしで・・・

これはどんなに考えてもおかしなことであると思って

アルバ・セミプレナを きょう注文したのでした。

 

何故? いちばん好きな薔薇から育てなかったのか

謎です。

 

 

四季咲きで、樹高がほどほどで

丈夫で花もちがよくて香りがよくて・・・

などという薔薇の選び方に激しく抵抗する気持ちと、

 

やはりそうであるほうが

わたし自身が楽で生きやすいだろう・・と思う気持ちと、

複雑にゆれうごくのです。

 

楽であることと、

幸せであることとは また

ちがうと思う。

 

たくさんの薔薇を長く咲かせれば それで幸せ

ということでもなさそうです。