shell日記

Pearl&strings

長持唄

昭和30年(1955年)コロムビア 俚謡(りよう:民間で歌い伝えた歌) 唄唱:熊谷一夫 尺八:桜田春水 「長持唄」というもの。 どこかでお話しを聞いたことはありましたけれど、 知らなかった・・・。 こんな時代もあったのだ・・と、 なにか 胸にこみ上げてく…

マーマレード作り

「甘夏を買って帰りたい」と言ったら、 運転手さんが案内してくださった。 長門の「センザキッチン」というお土産物屋さんで買ってきた甘夏。 マーマレードを作ろうと・・・やっと刻みはじめた。 薄くスライスしてゆくのには、気力がいるのです。 エイッ! …

青海島の猫ニャンたち*

モぉー・・・・* タクシーの運転手さん、親切な方で、 料金メーターを止めて下さって、 青海島の遊歩道をずっといっしょに歩いて下さって、 (というか、わたしが連れられて歩いた) ほかに誰一人いませんでしたから・・・、コワぁ~* たすかったのです。 …

日本海

海を見たくなりました。 お昼すぎから、思いつきで・・・ 新幹線こだまに乗って、「厚狭(あさ)」 で降りて、 2019/04/16 厚狭駅 在来線のりかえ ぽかぁーん・・・とする、 のどかな感じ。 なんといえばいいか・・・ 美祢(みね)線に乗り換えて 「長門市」…

楽しい

近ごろは、 生きていて 楽しいです。 わたしが行きたいところ に行って、 わたしが見たいもの を見ているから。 だから 楽しい。 2019/04/14 中央公園 枝垂れ桜 桜は、 なんとなく気がすんだような・・・ 今日の父との電話で、肩の力が抜けたのかもしれない…

父貝さんよろこぶ*

先週わたした衣類の、爽やかなブルーの春のパーカーが 好評なのだそうで・・・ (父がメロンと苺とデコポンを持って忍び込んできた日) マンションで出会う方や、 近所のお好み焼き屋さんなどで、 『まぁ~・・・父貝さん、どうしたんですか?若々しい!イイ…

桜のそばを さまよっています 連日。 きょうは雨が降りそうでしたから、 濡れ犬をタクシーに乗せるのはちょっと気が引けますしね・・ わたし一人。 一人だとカメラを持っていける。 指先が痺れるくらい冷たい空気でした。 散ってゆく桜を、 それから・・ 色…

がんばれお父さん*

きょうは歩きましたとも。 よい一日でした* まだ咲いている桜の木も けっこうありますね・・・ 2頭連れて、近所の道路沿いの草地をトコトコ歩いていたら、 Pちゃんとお父さんに久しぶりに会った。 お元気でしたか?とたずねたら・・・ お元気ではありませ…

きょうも動けず。 昨日の夕方からずっと。 夜になって、やっと掃除機をかけた。 カラダの芯が立たないというか・・・どうにもならない。 散ってゆく桜を 見に行きたいのにね・・・ 2019/04/09 江波山の桜 父から午前と午後、着信。 留守電に、なにも録音して…

思うこといろいろ。

今日夕方は カラダが動かなかった。 アレコレすんで、やっと 「さあ! 出られる」 と言う時に、力尽きている 残念・・・ すこし眠って起きたら夜10時だった。 犬たちも起きてきた。 ===== メロンが、 なんとなくシラケている。 なかなか甘い匂いに熟…

鉛丹(えんたん)

朱塗りの材料は 鉛丹(酸化した鉛)と、 粉末状の鉛丹 <Wikipedia> 弁柄(酸化した鉄)とがあるそうで・・・ 青森県指定天然記念物 弁柄「赤根沢の赤岩」<Wikipedia> 酸化鉄を主成分とする「フェライト(セラミックス)」は、 電磁波を吸収するため、ス…

時間を・・・

生きている時間を 如何 つかうか・・・ってこと。 2019/04/10 2019/04/10 2019/04/10 2019/04/10 家を出る頃には 霧のような雨で・・・ それで一人で(犬を連れずに)出かけた。 紅葉谷のほうに行きたかったのです。 遅すぎて・・・暗くて、 山の中には入れ…

2019/04/09 これほどの苦しみを 見て 生きてきた 桜は ほかにないだろう・・・ この桜は、樹齢約170年 ヒロシマエバヤマザクラです。 樹高14.1m 根廻284cm (広島市指定天然記念物) 爆心地から4キロくらいの小高い丘(江波山気象館そば)にあ…

2019/04/09

こんなのがある。

SCORON スコーロン アース製薬と帝人フロンティアが共同開発した、繊維に虫(蚊)を寄せつけにくい特殊加工を施した素材。 生地が薄くしなやかで軽く、さらさらとして気持ちいいと思います。 (父に自転車に乗る時にと買ったのですが、形が似合わなかったの…

きゃぁ~ドロボーっ!・・・

モン父様が朝10時過ぎ いきなり訪ねてきた。 うわぁ~・・・キタァ~・・・・・! 静岡のメロンと福岡の苺とそろそろ終わりのデコポンを持って、 鍵を開けて入ってきた。 「きゃードロボーっ!」と言うと、 「へっへっヘっ・・・」と笑って、 「ちょっと今…

冬の終わり

きょう、瑞々しい雷の音を聴いた。 なんともいえずよい響きで、 気持ちよかった* マンションのすぐ近くの、街灯で明るく照らされた場所にいたのですが、 一瞬明かりが消えて、まわりが暗くなって、ドキリ* 明かりはすぐにつきました。 「春雷」というのは…

桜と時間と懐かしい道と

幸せに生きるのは いま。 「今」しかないのだから いつだって。 きょうは2頭連れて、 おそらく10年ぶりの、なつかしい大好きな道を歩いてきました。 広々とした河の両岸の桜は満開。 太陽が沈んでゆくまでの美しい時間を、 愛する犬たちと大好きな道を 歩…

電力依存

きょうは曇りですけれど、 風はあるし・・ お外に干せばすぐに乾くものを、花粉がねェ~・・。 こちらではエアコンの暖房で、 あちらの部屋では布団乾燥機で、 変よね・・。 夏でもわざわざ物干し棹にお布団を干すことはなくなりました。 (持ち上げるのが大…

要領が悪すぎる

出る前にコーヒー(ミルクを入れて)はのんだものの、 きょうの朝ごはんが夜9時近くになってしまって、 用事がすんで帰り着くころには、フラフラとして・・ 限界ギリギリ。 つかれました~* もっと計画的に食事をするべき。 食事してると、遅くなると思っ…

なんとなくちがう今年の桜

桜が なんだか変だな?・・・ と思っていたのですが、 このあたりは、桜の枝先のほうが咲いていない樹が多いのです。 不自然に裸の枝先が残っている。 桜って、枝の先までふっくらと咲いていないと 桜らしく見えないんですね・・・。 だから・・・ 遠くから…

家とフツウ

いまわたしが「ありがたい」 と思っているもの。 「家」 「フツウ」 それなのにわたしは、 桜が咲いているこの一瞬にしがみついていなければ、 悲しくて 今を支えられないんですね。 もーメチャクチャ寒かったんです!! 笑っちゃうくらい寒すぎ。 家にいる…

風はとても冷たかったですけれども、 お日様の当たっている遊歩道は、ポカポカ・・・ 草や、 並んで咲いている桜や、 歩く人や犬、 自転車にのったお爺さん、 いつもはなんとなく鬱陶しく感じている建物なども みんな、幸せそうに輝いて見えた。 また、枝垂…

お夜食ペペロンチーノ

なんとなく勢いでペペロンチーノ。 ナンですかコレは? ちがうでしょ。 と言われるわね。 ニンニクは2片つかいました。 オリーブオイル、唐辛子、マジックソルト・伯方の塩コショウだけ。 下にはルッコラや三つ葉など刻んだお野菜が敷かれています。 けっこ…

花の宴

ひびわれた唇に お酒がしみるでしょう・・・。 わたしの唇はシアバターを塗っているから、 ひびわれたりしていないし、 お酒ものまないし・・・ フンっ* ヒヤシンス White Pearl 花の後2019/03/31 花を咲かせたあとのヒアシンスの球根です。 お野菜みたいで…

背景

桜が咲いてきました。 すれ違う人々の表情が、それほど明るく感じられないのは、 花粉のせいなのか、 心にかかることをなにか、抱えて生きているからなのか? みんな頑張って生きているのだろう など 思いながら 歩いた。 わたしも なんでもない毎日がやっと…

飢え

心の飢え というのは、 手を差しのべられることが難しいというか、 とにかく 心を満たすことは、 当人にとっても、 それから、 何とかしてあげたいと思う他者にとっても、 家族にとっても、 むつかしいことなんだと思います。 父のことを いつも 思わない日…

トラブル依存症?

孤独や退屈よりも、 ″トラブルの中に身を置いているほうが耐えやすい″ と考えるタイプの人もいるのかもしれないな・・・と、 今日は思ってみた。 これって うちのパパのこと。 昨日も、わたしにふってこられても、どうしようもない問題が留守電に入っていて…

覚悟

自分はこの場所で このように生きるよりほかないのだと、 観念する。

自重しましょう*

心のバランスを崩している時に限って、 なぜか? わざわざカラダを損なわせるようなものを たべたくなるのは 何故なんだろう・・・? 心とカラダの(壊れ具合の)バランスを 無意識のうちにとろうとしているのかしらね・・ 昨夜遅く、カップラーメン(担々麺…