shell日記

Pearl&strings

最初の質問

 

 

 

長田弘(おさだひろし)

詩人で翻訳家、文芸評論家、随筆家。

 

知らなかったのですが・・

「最初の質問」という詩を 

いろんな詩を紹介してらっしゃる方のブログで読むことができた。

その言葉に・・・

静かに立ち止まる気持ちになって、

それから結局は、

ギクリと「私」を突きつけられた思いになって、

静かではいられなくなった。

 

 

たくさんの質問が連なっていた詩の中、

心に引っかかっている言葉。

 

 

① ″あなたにとって「わたしたち」というのは、だれですか″

 

② ″人生の材料は何だと思いますか″

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190519055356j:plain

2019/05/19 アイスバーグ

 

 

 

 

わたしには、

人としての「わたしたち」がいま 無い。

わたしたち・・と言えるほど近い人がいない。

 

これを言おうとすると

「わたしたち東洋人」とか、

「わたしたち哺乳類」とか・・・

そんな感じ。

 

実際の心の中の答えは、

「犬たちと薔薇と蘭。訪ねてくる虫たち」

これがわたしの「わたしたち」。

 

・・・・・・。

すこし胸が チクチクした。

一人でいるのは さびしい。

小さなわたしたちを 

大切に生きようと思う。

 

 

人生の材料は、

わたしの脳(限界)と環境、

それから体力と運と時間です。

 

 

 

=====

 

 

あいかわらず・・ビッショリの寝汗で夜中に目が覚めて、

シーツやカバーをはずして洗ったり、掛け替えたり

布団乾燥機をかけたり、

シャワーを浴びたり・・・忙しい。

それでも、

サラサラと気持ちのいいシーツで眠れると思って、うれしい*

 

楽しみはそんなところにもあるものだな・・と思う。

咳はそれほどでもなくて、静かです。

 

 

 

今朝、アイスバーグがとても綺麗でした。

明け方に撮った写真です。

ドイツの薔薇ですが・・

とても 日本人好みの花だと思う。

 

棘も少なくて、丈夫。

日陰にも強い薔薇。

 

 

 

昨日薔薇の鉢に置いた、山椒の葉についていた幼虫君、

今朝はスティック春菊の葉にのぼっていて、

小さな頭を動かしていました。元気そうです。

(しばらく冷蔵庫に入れられていたのにね・・*)

 

月曜日からスイッチを入れて

頑張ることにしました。

きょうも タラタラします。

 

 

 

 

 

きまらない

 

 

 

配達荷物到着の

時間が決められないでいる・・・

 

それくらいダメな人ですわたしは。

うまくねむれなくて・・。

 

 

お布団の中にいても、

氷の板を背中に少し離してくっつけているみたいに

ぞくぞくする。なかなか温かくならない。

かと思うと、

しばらくするとびっしりの寝汗で・・・目が覚める。

 

つかれるんですね、

横になっていても

縦になっていても。

 

中途半端な風邪ウィルスがしつこく居座っているのでしょう。

寒いな・・と思うと、喉の痛みがつよくなる程度。

それも もの凄く痛いわけではない。

たまにかわいた咳が出るくらい。

 

 

 

田舎の駅の 人のいない夕方のホームで

誰かと話していた。「夢」

その人の言葉を もっともなことだと思いながら聞いていた・・・

何の話だったか よく思い出せない。

 

電車に乗るのか、降りたのか

わからない。

 

 

 

時間を決めないといけない

決まらない。

ねむれない。

シャワーを浴びる手間がふえて、

これがまた つかれる。